Logic & Design

株式会社 ロジック・アンド・デザイン

Logic & Design

株式会社
ロジック・アンド・デザイン

LISrによる
画像鮮明化技術の原理

 LISr(ロジカル・イメージ・センシタイザー)は監視カメラ向けに特化した画像改善フィルタです。
 LISrでは暗く沈んだ領域、白くとんだ領域、薄らとコントラストが落ちた領域などダイナミックレンジの低い領域を検索し、そのような部分を特殊なアルゴリズムでダイナミックレンジを広げています。領域の判断は各画素ごとに行なうため、逆光などによって極端に明るい部分と暗い部分が混在していても画像全体のバランスが破綻することはありません。LISrはこの原理を元に、ノイズ対策やコントラスト対策をさらに強化した最新の鮮明化アルゴリズムを使用しています。
 明るい場所は明るいなりに、暗い場所は暗いなりに処理を行いますので、24時間監視において、悪天候、逆光、夜間と刻々環境が変化しても全自動ですべて対応することが可能になっています。

処理前の画像

処理前の画像

LISrによる処理後

LISrによる処理後

空や街灯の明るさは大きく変化せず、暗くつぶれた部分だけが浮き出ていることが判ります。

一般的なガンマ補正やレベル補正の処理後

一般的なガンマ補正や
レベル補正の処理後

暗い部分を明るく強調すると上の例のように空や街灯周りはつぶれてしまいます。

LISrによる
画像鮮明化の特長

  • 悪天候によって視界が悪くなった画像、光量不足によって非常に暗くなった画像、逆光や光量変化が大きいために黒つぶれした画像、といった監視カメラに特有の悪条件下において、被写体の詳細を鮮明化することが出来ます。
  • 鮮明化は自動で行なわれますので、上記のような条件すべてでパラメータ等の調整は不要です。
  • 前後のフレームは使用せず入力されたフレームのみで変換するため動きの速い映像でも対応出来ます。
  • 市販のPCアーキテクチャとグラフィックボードで構成することも可能です。
  • すでにカメラが導入されているシステムでも、本システムを映像ラインに挿入するだけで本性能を得ることが出来ます。(低帯域で伝送された映像は不向きです)
  • ソフトウエア実装では並行処理可能な構造なので、画像処理DSPやGPUに実装し、そのパフォーマンスを引き出すことが可能です。

お問い合わせ

CONTACT

あらゆる分野で活用が可能な
LISrの技術と製品について、
ぜひお気軽にお問い合わせください

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ戻る